FC2ブログ

 ひとりごと  

つれづれに気ままに写真をアップしています

明日は初午

明日の準備がやっと終わりに近づきました。
今やっと煮物が終了。全部別にして煮るのでちと大変、というか疲れました。
ひと休みしてコーヒーをいただいたら、後はお赤飯の用意です。
070204-4
蒟蒻、蓮根、牛蒡、竹輪
070204-2
椎茸、人参、キヌサヤ、里芋
070204-3
甘酒も供えるそうな。ほうれん草も・・。
明日の朝は尾頭付きのお魚とお豆腐と油揚げも一緒にお稲荷さまに
お供えするそうな。
こんなふうにシキタリを守って行くことが大切なのでしょうか。
何時も疑問に思いながら、もう何十年も経ってしまいました。
  1. 2007/02/04(日) 21:55:04|
  2. 行事
  3. | コメント:2
<<初午 | ホーム | そろそろ>>

コメント

hanakoさん  こんにちは。
ご無沙汰しております。

今日が初午ということですね。
こちらを訪問しなければ知らずに明日を迎えるところでした。
しっかりと慣わしを守られて実行なさって。
尊いことですね。

今数えたら9種類。これを別々に煮るのですか。
私の身近にいる人が聞いたら「お暇いただきます」でしょう。
^・^
私などは、季節にかかわることは、旧暦から新暦に変った時点でもう意味がないことだと思ってしまうほどです。慣わしを慣わしとして守り、実行していることがいくつあるでしょう。親の元にもっと長く生活していたら、もう少し身に付いたことでしょうが、教えられていないことはもうどうしようもなく、わが子に伝えることも出来ません。
  
「初午」
この機会にちょっと勉強してみました。いえ、まあ、ネットサーフィンしただけなのですが。その中に面白いのがありました。
http://inari.jp/b_shinko/b01d.html
「今昔物語」に出てくる「稲荷詣」のお話です。
  1. 2007/02/05(月) 16:33:22 |
  2. URL |
  3. brisa #xk8GplZA
  4. [ 編集]

v-22brisaさん
初午の面白いお話読ませて頂きました。
澱んでいた心が何だか少し軽くなりました。
私はどうもヒネクレ者のようで、きちんと筋道を通しての引継ぎは
なんてことはなくすんなり受け入れるのですが、そうではなく
「やりたくないから、はいやって」とか言われると、もうそのとたん
お臍がくるりと曲がってしまい、元には戻らなくなってしまいます。
いけない性格だと解っているんですが、どうにも直りません。
もうひとつおまけがあるんですよ。
本当は初午の日はお風呂には入れないんです。
風が強くて火事になるからだそうです。
今の時代にそぐわない変な習慣でしょ?
でも我家はそれだけは守りません。
ゆっくりお風呂に入って冷えた体を芯から温めます。
  1. 2007/02/05(月) 17:21:53 |
  2. URL |
  3. hanako #sktWpA2Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 hanako

Author: hanako

身近なことをデジカメで
撮って楽しんでいます

ホームページもよろしく

花子のホームページへ

ようこそ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

カウンター