FC2ブログ

 ひとりごと  

つれづれに気ままに写真をアップしています

ほとけのざ

110328-1

110328-2

土手にも春が来ました。

お昼のニュースで福島の原発で働く女性からのメールが読まれました。

「もう限界!」と・・・。
現地には400人ほどの人たちが戦場のような状態で働いています。
殆どが福島の人で、皆さん被災者なのです。
投稿した方も家は津波に流され町は全滅状態で、今だにご両親の行方は
判らないけれど、捜しに行くことも出来ず働いています。
危険な作業の中には女性も数人入っています。

聞いていて、涙が出てきました。
水道水のヨウ素も赤ちゃんにとっては大変な問題です。
我家とて無縁の事ではなく、孫たちが心配です。
でも危険な中、身を挺して働いてくださっている方々がいることを忘れては
いけない事だと強く思いました。

屋内退避の方々に自主的に避難を? なんですかそれは!
地元の人たちと同じく、今の政府の対応の悪さに憤りを覚えました。
  1. 2011/03/28(月) 13:51:32|
  2. 季節の花
  3. | コメント:2
<<雪柳 | ホーム | ワンチャンとニャンチャン>>

コメント

こんばんは・・。

土手にも春が来て、暖かそうなホトケノザが咲いていたのですね。

福島の第一原発のニュースは私もよく見ていますが、毛布一枚の支給で、ひどい人は廊下で仮眠しているそうですね。
避難所の事は色々放送されますが、それよりも危険な場所で、最悪の待遇で働いている人もいる事を忘れてはいけませんね。
東電の対応も悪いのでしょうが、それを監督する政府はいったい何をしているのでしょうか?
被曝の危険がある場所で働いている方々の勇気には頭が下がる思いです。
この様な人々に、せめてゆっくりと寝れる場所だけでも提供出来ないのでしょうか?
  1. 2011/03/28(月) 21:25:19 |
  2. URL |
  3. sin001 #n2vP8mIo
  4. [ 編集]

sin001さん♪

コメントありがとうございます

ほんとにそうですよね。
被災された方は大変だと思います。
今までの全てを失ったんですから、この悲しみはどんなに辛いものか
私が推し量ることはできないものだと思います。

でも何処も放送されていない場所で、一生懸命頑張っている人たちもいるんですよね。
  1. 2011/03/28(月) 22:03:41 |
  2. URL |
  3. hanako #sktWpA2Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 hanako

Author: hanako

身近なことをデジカメで
撮って楽しんでいます

ホームページもよろしく

花子のホームページへ

ようこそ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

カウンター